44

禁煙と日々の雑記

肺癌5

ナースステーションの中にあるリカバリー室という部屋で酸素吸引とか点滴とかしながら父は寝ていた。
主治医から話があるとの事で、母、姉、私の3人が個室に呼ばれた。
私も少し動揺しており、正確な内容は忘れてたしまったが、

水が溜まっていない方の肺が炎症を起こしていてる。

ウイルス性のものなら抗生物質が効くが駄目なら他に有効な手段がない。

炎症の影響で心臓に負担がかかっている。

とにかく非常に危険な状態で、いつどうなるか分からない。

というような事を言われた。
そして更に容態が悪化して危篤状態になった場合、心肺蘇生を行うか行わないか決めてほしいと言われた。
ステージ4で危篤状態になり心肺蘇生をしても、人工呼吸器を外せず、意志の疎通は無理である可能性が高いとの事。
家族で半日話し合ったが、結論は出せなかった。